私はコンタクトレンズを使ったことがないのですが、コンタクトレンズの進化には驚きます。
私自身はずっと視力がよかったので、コンタクトレンズやメガネにすらご縁が長年無かったのです。

私の身近な人たちはコンタクトレンズを使用しているので、いつもその存在についていつも思うところがありました。
例えば、ハードコンタクトレンズを使用していた家族については、手入れが大変そうだけど、使用することでとても生活が楽そうだと感じました。

ソフトコンタクトレンズを使用していた友人は、それが一日の使い捨てのものなのに、いつも寝る時もつけたま1週間つけ続けていたのです。
そんな使い方で大丈夫なのだろうか…と、よく不思議に思ったものです。
それに、その使用法は節約のためだったということですから、なんとも言えません。

コンタクトレンズの予備を持たずに出かけてしまったという友人は、外出先で1泊することになり、帰りのコンタクトレンズがないと、車の運転ができない…と、かなりびびったそうなのですが、そんな時のために車には置きメガネをしているとのことです。
確かに、コンタクトレンズを車の中に予備で置いていたとしても、夏の暑さで異常に停車中車内温度が上がると、ちょっと状態変化をおこしてしまうかもしれませんね。
とにかく、コンタクトレンズをしている人は、予備はいつも持っていた方がよいのだろうと思います。

私はというと、最近は老眼が入ってきて、本が読めなくなってきたので、老眼鏡を備えています。
すると友人が、コンタクトレンズで遠近両用のものを愛用していると言うではありませんか!
全くそんなものがあると知らなかった私は、本当に驚きました。
ライフスタイルによっては、老眼鏡をつけたり外したりでは、仕事や作業がしづらいから、とても有効だと思います。
どうもその遠近両用コンタクトレンズは、メガネのそれとは違い、脳が見る部分を決めるというかで、自然にしていて、遠近ともよく見えるのだそうです。
本当に不思議ですが、老眼になる人は、ようするに、メガネ無しの生活が長かったので、メガネになれていません。
コンタクトレンズで老眼鏡の役割をしてくれたら、コンタクトレンズにも慣れないとはいえ、生活はとても楽だろうと思います。
私もまずはシンシアのエルコンワンデーから検討してみようかな。

コンタクト使用歴およそ15年になります。ソフト一筋です。そして購入するお店は、コンタクト処方箋なしで買えるネット通販に最近はしています。

使い始めたきっかけは部活動でバスケをしていたからでした。激しいスポーツにメガネは危ない、と両親に言われてコンタクトに変えました。当時は目に何かを指で入れる、というのが怖くてなかなか慣れませんでしたが、慣れてくると逆にメガネ酔いするくらいになってしまいました。

ケータイや特にスマホなどが普及してくると、ドライアイに悩まされました。コンタクト用の目薬は常にポケットに入れておかないと、目が乾いてシパシパ傷むようになりました。その頃コンタクトを買いに行った眼科医で、そのことを相談するとアキュビューオアシスを勧められて、今までずっとアキュビューオアシスを愛用しています。他のメーカーのものも試してみたいな、とも思いますが、目に入れるものだし慣れていないものを使って痛くなっても嫌だな、とずっと同じ種類のものを使い続けています。

アキュビューオアシスにしてから、確かに目薬をさす回数が減りました。目のゴロゴロ感も少なくなった気がしています。少しオアシスの方が高いですが、一度使ってしまったのでなかなか普通のタイプに戻すのも気が引けて戻していません。

メガネも今は朝と夜、家だけで使うだけになりました。

以前は仕事上、農作業をすることが多かったのですが、メガネをしていると汗が目に入ったり、汗ですべってズルズルと下に下がってきてイライラしていました。農作業で汚れた手でずり落ちてくるメガネを直すのも面倒だし、とメガネは完全に家専用にしてしまいました。おかげで汗をかくような作業もスムーズになりました。

問題は汗が目に入ったときです。目薬をすぐにささないと目がしみるので、それだけ大変です。メガネからコンタクトに変えたことで、作業中もサングラスができるようになったので眩しさに目がチカチカなることもなくなりました。外での作業だったので、目への紫外線対策にもなって良かったです。

外での作業、特に汗をかくような時には必ずコンタクトをするようになりました。

 かつては、おせち料理を用意することも、欠かせない新しい年を迎える準備の段取りのひとつでありました。しかし、時代の流れにつれ、我が家のおせち料理の重要度も年々少なくなってきたようです。現在は、ぐっと簡略して、最小限度のおせち食材を宅配でとって元旦に頂く程度になりました。年配の両親が他界して、家族構成が変わってきたせいもあるでしょう。若い人は、新年の過ごし方もまちまちですし、お正月でも通常の食事でいいと感じてもいることもあります。中高年となった私たちも、少しだけのお正月の味わいがあればそれで充分な気がしてきました。和食は好きですが、手間のかかるおせち料理を年末から準備したいとは思わなくなったのです。
 母がいる頃は、年末に食材を買いそろえ、晦日辺りから、下ごしらえをしていました。大晦日の晩ともなれば、準備も大詰めでテレビの紅白などゆっくり見ていられない時もありました。煮豆やたづくり、紅白のなます、煮物や昆布巻き、海老などの他、我が家はお餅用の餡を濾すなどの作業もあって、よく手伝いました。いつしか、こうした手間のかかるものは、次第に市販のものに切り替わり、結局はすべて出来あいのものを購入するという手はずに変わりました。どこでも、おせち料理を選んで予約しておけば、お正月の食卓に並ぶようになったからです。とても便利ですが、味の好みがあるので一長一短な面もあります。
 外国人の知り合いには、日本の伝統的なお正月を象徴するおせち料理は魅力的に映るようです。見た目も美しく、味もよく、いわれもあるので好評でした。そのとおりなのですが、お正月の過ごし方自体も変わってしまいました。近年は、さほど普段と変わらないお正月を過ごすライフスタイルです。何だか、このままでは、かつてのお重に並べたおせち料理は郷愁を誘う思い出となってしまいそうで、ちょっと淋しい気もしますね。
 私たちももう少し年配になってきたら、お正月の三が日くらいは落ち着いて過ごして、お重に並んだおせち料理が復活するのかもしれません。もちろん、お店で予約したものになることでしょう。フレンチ好きなのでラ・ロシェルおせちなんかは最高ですね。

久々に漫画の本を借りてきた。
その名も”キングダム”!!!
やっと続きが見れる。

つい最近ニュースでとりあげられてたし
まーニュースにもなるよ
だっておもしろいもん。

私は、別にニュースをみて借りたわけじゃなくて
もともと”キングダム”ファンです。
って誰に言ってんだ

でも一年ほど漫画の本自体、借りたり見たりしてなかったので
10冊借りて
一気よみ。
大人読み。
ってゆうか
漫画の本を途中で辞めれる方法ってありますか?
私は目の前に本があれば
続きが気になって、気になって
(ここまで)なんてできません。
一冊読み終えたら
続きがきになる
そんな終わり方してますよね
単行本ってよくできてる
人の気持ちをそそらすの
上手だわ。

ここまでと決めて読める人は
本当凄いと思います。
意志が強いんだなって
思います。

結局ごはん食べて
お風呂はいって
だらだらして
本を読みだしたのが夜の九時
結構気合いれて
読みましたよ、
だって10冊だもん
そりゃ気合入れないとみれませんよね。
でゆっくり丁寧にすみずみまでよんで

読み終わったのが
朝方4時前

まずいし、やばい
読み終わったあとも
少し興奮気味
そんなすぐ眠れるわけでもなく

やばいとおもいながらも
眠りについた翌日は
仕事になりませんよね
やりすぎた
っとおもいながらも
次の発売日がまちどうしくて
仕方ないと
いいながら、携帯のインタ-ネットで検索し
読むよね。
読んだあと
休憩してごはんでも作ろ

ごはん作るの本当にめんどくさい
お料理ロボットがほしいは
なんだったら洗濯や掃除もしてくれたら
本当にありがたい

誰でも安く買えて沢山普及してくれたらいいのになって
おもうよ

さてさてミニオンを見る日
楽しみ
最近映画になるみたいだから
色んな所でミニオンフィーバーになってるよね
どこにいっても
ミニオンのグッズがいたるところにある

ミニオンて
見れば見るほどかわいい
今度はミニオンを集めてみよ

ってことはUSJもいくしかないね
今度友達を誘ってミニオンパークに行ってきます。
またその時の日記を書こう
絶対書こう